Self-Study Rooms

メディア学習支援センターには、2種類のセルフスタディルーム(自習室)があります。
Aルーム英語第二外国語の学習を視聴覚教材を使って行います。
PCオープン利用室(Gルーム):学生が自由に利用できるコンピュータ室です。

0

0

A-Room

Self-Study Room for Foreign Language Learning

Aルームは、外国語学習のためのセルフスタディルームです。日常生活や教室の中だけではなかなか触れることが難しい、様々なジャンルの外国語に接する機会を提供する場所です。多岐に渡る教材を、CD・DVD・VHS・CD-ROM・CALLシステムなどを使用して各自で学習します。1年次生は、必修授業の「1年英語1・2」で毎週1時間以上のAルームでの自習が必須となっており、リスニング力を中心とする英語力を伸ばすと共に、在学中に継続して学習をする習慣づけを行います。Oral Communication Sectionでは、声を出してのスピーキングの練習も可能です。最新の語学試験対策テキスト等も取り揃えており、留学や就職活動にも活用できます。

Aルームの開室時間内はスタッフが常駐しております。また、語学学習アドバイザーもおり、教材の選び方や学習の進め方等について相談をすることができます。

【Aルームの開室時間】については、こちらをご参照下さい。

【Aルームレイアウト】

【Aルームの利用の流れ
(1) 学習教材に応じた席を選んで、MCAL Self Study Systemへログイン
(2) テキストコーナーから好きな教材を選択し、貸出処理を行う
(3) 学習を行い、MCAL Self Study Systemに学習記録を残す
※1年英語メディア学習では、所定のノートを利用して学習します。
(4) 学習が終了したら、使用した教材の返却処理を行い、退室する
※入室は閉室5分前までです。
※入退室には学生証が必要になります。

English Materials

英語の教材は、日常会話やコミュニケーション、新聞やニュース/ドキュメンタリー、世界の文化や価値観の紹介、音楽や映画、TOEFL、IELTS、TOEICなどの試験対策用教材など多岐に渡ったものを取り揃えております。全ての英語教材は5つのカテゴリーに分類されており、また難易度別にレベル分けられているため、自分のレベルに合った学習が可能です。

スピーキング専用席(Oral Communication Section)で学習するOral教材もあります。シャドーイングなど、声を出したスピーキングの練習もできます。これらの教材も、カテゴリー/レベルによって分類されています。

Category

教材は5つのカテゴリーに分かれています。

Green     一般的なリスニング
Pink     ニュース、ドキュメンタリー(社会問題、環境問題、健康問題、著名人など)
Silver      映画、テレビドラマ
Orange  世界の国々への旅行と文化に関する情報、観光
Gold        スペシャルトピック(TOEIC, TOEFL, IELTS等の試験対策、文法、語彙、
留学/ホームステイ、音楽、短編小説など)

※ORAL COMMUNICATION 教材も5つのカテゴリーに分かれています。

Level

全ての教材は、以下のいずれかのレベルに分けられています。自分のレベルにあった教材で学習すると効果的です。

    ★           Pre-Intermediate 
   ★★           Intermediate 
  ★★★         Advanced 
All Level       上記の全てのレベルに推奨

 

全てのテキストには、教材番号・カテゴリーの色・レベル・メディアの種類が分かるように、シールが貼られています。

Materials for Second Foreign Languages

メディア学習支援センターAルームには、教員厳選の日本語・第二外国語(フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、コリア語)の教材も整備されています。

自習希望の方は、各言語ごとの教材リストから事前に希望の教材番号を調べてください。

 フランス語   ドイツ語  スペイン語   中国語  コリア語   日本語

※教材リストを見たい言語をクリックしてください。

 

 

◆教材のカテゴリーは、以下の5種類です。

1.ニュース・ドキュメンタリー
2.歴史・文化
3.映画・ドラマ
4.検定・試験対策
5.その他

◆教材のレベルは、以下の通りです。
1.上級
2.中級
3.初級
4.全レベル(初級~上級問わず対象のもの)

 

G Room(PCオープン利用室)

GルームはPCオープン利用室として授業期間の平日に学生が自由にパソコンを利用し、課題作成や情報検索ができるようになっています。2021年度は、「オンライン授業受講室」として使用できます。

【Gルームの開室時間】については、こちらをご参照下さい。

G ROOM

用途

コンピュータの自由利用

定員

14名

PC数

14台

PCのOS

Windows 10 Enterprise

主なソフトウエア

Office Professional

設備

 

ページトップへ